赤ら顔の治し方!もう二度と「顔赤いよ?」と言われない改善法

赤ら顔のケア

ビタミンCを摂る

ビタミンCには、皮脂の分泌量を抑制する効果があります。脂っこい食事を控えながら、ビタミンCの含まれるフレッシュなフルーツを食べる機会を増やしていきましょう。

毎日、旬のフルーツを食べる習慣を作ると、酒さの改善にもつながります。グリーンスムージーを、生のフルーツを入れて作ると、美肌効果も期待できます。

注意点として、ビタミンCは「水溶性」のビタミンで、使い切れなかった分はすぐに尿となって排せつされます。

体内に蓄積できないので、過剰摂取のリスクがないという点では安心なのですが、毎日補給しないと、すぐに体内から枯渇してしまいます。

毎日継続してビタミンCを摂るようにしましょう。

アルコールや香辛料を摂りすぎない

酒さは、皮膚が熱を持つことで悪化することが知られています。そのため、アルコールや香辛料の摂りすぎは、悪影響となります。

目安として、飲食した後に、顔が火照った感じがするもの・暑くなって汗をかくもの・顔が赤くなるものは、酒さを悪化させる危険性が高いので、避けるようにしましょう。

激辛の食べ物や、やけどするほど熱い飲み物、強いアルコールなどは、避けるべきものです。

また、極端に甘いもの・塩辛いものも、酒さにとっては刺激となります。なるべく濃い味の食べ物は避けて、健康的な薄味のものを選ぶようにしましょう。

過度な運動・長時間の入浴をやめる

運動や入浴といえば、健康法の代名詞として語られることが多いもの。しかし、酒さにとって、「皮膚が熱を持つ行為」は、悪化の一因になります。

長時間にわたって激しい運動や入浴を行うと、汗をかいて体温が上がるのとともに、皮膚の表面温度も上昇し、熱を持ってしまいます。

持続的に汗をかくのは30分以内にとどめ、運動や入浴の後はできるだけ早く体をクールダウンさせるように心掛けましょう。

汗をかきっぱなしにせずに清潔に保つことも重要です。特に、メイクと汗が混ざると肌の刺激になりやすいので、運動するときはノーメイクで行い、運動が終わり次第、洗顔するようにしましょう。

入浴の際はお湯の温度を低めに設定しましょう。38〜39度程度で、じんわりと汗がにじむ程度が適温です。ダラダラと顔を汗が流れるような高温のお風呂や、サウナなどは避けてください。

顔に触れる枕や布団を清潔にする

酒さを患っている肌はバリア機能が低下していますので、汗や汚れが刺激となります。肌を清潔にしておくことが大切ですが、意外に盲点となるのが顔自体ではなく、「顔に触れるもの」です。

せっかく顔を清潔にしていても、日常生活の中で顔に触れるものが汚れていたり、雑菌が繁殖していたりすると、それが肌に刺激を与えてしまいます。

顔に触れるものには、次のようなものがあります。

  • 枕カバー
  • シーツ
  • 毛布
  • ファンデーションのスポンジパフ
  • 髪の毛
  • マフラー
  • 洗顔後のタオル

特に、睡眠中、長時間にわたって顔に触れることの多い枕や布団には気を配ってください。できれば、顔に触れている部分は、毎日洗濯しましょう。丸ごと洗うのが難しい場合は、顔に触れる部分にフェイスタオルを巻いておけば、タオルを洗濯するだけで済みます。

何カ月も替えていないスポンジパフがあれば、新しいものに変更しましょう。スポンジパフは1週間に1回は洗浄が必要です。それが面倒であれば、1回使い捨てタイプのスポンジパフに替えることで、常に清潔さをキープできます。

また、実は雑菌の温床となりやすいのが、「フェイス回りの髪の毛」です。顔に髪が当たらないようなカットにしたり、髪の毛を縛ったりして、肌に髪の毛が当たらないように配慮しましょう。

女性ホルモンのバランスを整える

酒さの症状のひとつとして「皮脂腺の異常発達」が挙げられますが、「皮脂分泌」の調整に大きな役割を果たしているのが、「女性ホルモン」のバランスです。

女性の、女性らしい丸みのある体やすべすべの美しい肌は、女性ホルモンの働きによって作られています。

一方、男性ホルモンは、男性らしい筋肉質な体を作りますが、女性よりも男性の肌の方が、ベタベタとしてテカりやすい傾向があります。それは、男性ホルモンが皮脂分泌を促進するからです。

皮脂分泌が過剰になっているとき、この男性ホルモンが活性化しすぎている可能性があります。

男性ホルモンと女性ホルモンは、シーソーの関係にあり、片方が増えるともう片方が減るというバランスで成り立っています。

女性ホルモンと男性ホルモン

そのため、男性ホルモンを抑えて女性ホルモンを活性化するためには、女性ホルモンを増やしましょう。

おすすめは、「大豆」の摂取です。大豆には「イソフラボン」という成分が含まれており、これが体内で女性ホルモンと似た働きをすることが知られています。いわば、「疑似女性ホルモン」として働いてくれるのです。

納豆・豆腐・みそ汁などの大豆食品を積極的に摂りましょう。なかなか忙しくて自炊ができない、というときには、コンビニで豆乳ドリンクを購入するのもおすすめです。

普段からスターバックスやタリーズなどのカフェに行く習慣がある人なら、いつものラテをソイラテに変更するだけで、イソフラボンの補給になります。

リラックスできる時間を持つ

酒さの直接的な原因は解明されていませんが、「精神的なストレス」が引き金となる場合もあります。

酒さがひどくなり始めるタイミングと精神的にストレスを感じたタイミングが一致する場合には、精神的なストレスが影響している可能性が高いでしょう。

できるだけリラックスできる時間を持つように心掛けましょう。酒さ自体がストレスとなり悩んでしまう人も多いのですが、そのストレスがさらに悪化させてしまうこともあります。

というのも、肌と心は密接に関係しているのです。「ストレスがたまって肌が荒れてしまった」「忙しすぎて肌がボロボロ」という経験は、多かれ少なかれ、ほとんどの人が体験しているでしょう。

「酒さは、丁寧にケアすれば、いつか治る」「それまでは上手に工夫して暮らしていこう」と、できるだけ前向きに捉えていくことが、肌の回復にもつながっていきます。

酒さの悩みを、誰にも相談したことがないという人は、思い切って誰かに話してみることで楽になれる場合もあります。自分のありのままを受け止めてくれる、信頼できる人が身近にいれば、話してみるのも良いでしょう。

また、ストレスに強い心を育てるために、とても効果があるのが「睡眠をしっかり取る」ということです。私たちは睡眠中に記憶を整理し、ストレスを解消して、心をクリアな状態にキープしています。

毎日6時間以上、コンスタントに睡眠時間を確保するようにしましょう。

まとめ

赤ら顔には、治るまでにかかる期間が、人によってまったく違います。また、赤ら顔を引き起こしている原因によって、取るべき対処法が異なるにもかかわらず、長い時間を間違った対処法で無駄に過ごしてしまうケースもあります。

まずは、自分の赤ら顔がどこから来ているのか見極め、そこから自分にできる治し方をひとつずつ実践していきましょう。

この記事では、自宅で今日からできる治し方を、数多く紹介しています。ぜひ今日から実践を始めてみてください。

悩みから解決され、「がんばって良かった!」と振り返れる日が必ずやってくるはずです。

>>「白漢しろ彩」公式サイト<<

おすすめの赤ら顔ケア用品ランキング

白漢しろ彩
  • ROMO化粧品部門第1位
  • 敏感肌の人の93%が高評価
  • 最大20%OFF
  • 送料無料
  • 安心の30日間返金保証

PROMO化粧水部門で1位を獲得した赤ら顔専用化粧水。敏感肌の人93%から高評価を獲得し、赤ら顔に変化を感じたとの声多数の 今注目の化粧水です!

OIZ/オイズ PBジェル
  • スキンケアで特集された注目の美容液
  • 国内製造で高品質
  • 月間500本限定で、最大52%OFF!
  • 送料無料
  • 30日間全額返金保証

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

アカラフォーミュラ
  • 皮膚トラブル専門家監修の赤ら顔専用美容液
  • リピート率80%
  • 赤ら顔で悩む人の必読書プレゼント
  • 最大15%OFF
  • 送料無料

食品発酵のプロが開発し、医師監修の美容系情報サイト「スキンケア大学」でも特集されたイマ注目の発酵美容液。

タイトルとURLをコピーしました