口呼吸の治し方!口呼吸から鼻呼吸へと即刻シフトする7つの改善策

生活習慣を改善する方法

○ 鼻呼吸のメリット

口呼吸で生活していると、喘息(ぜんそく)、アトピー、睡眠時無呼吸症候群、口臭、免疫機能の低下…などなど、様々な弊害を引き起こします。

鼻は呼吸を、口は食べ物を本来運ぶ場所と考えると当然かもしれません。

実際、口呼吸より鼻呼吸の方が多くの酸素を体内に取り入れる事が可能です。酸素の取りこみは人間にとって不可欠な要素、より多くの酸素を体内に入れる事が可能な鼻呼吸への改善は必須とも言えますね。

鼻呼吸に改善することで、口呼吸による弊害が取り除かれるだけでなく、酸素吸入量が増えることで血行が良くなり「免疫力が上がる」「顔色がよくなる」「集中力が上がる」「小顔になれる」など、メリットがとても豊富です。

あなたにとって利益しかありませんので、これを機会に鼻呼吸に改善を始めましょう。

① 口呼吸をしたらダニ吸ったと思う

口呼吸が習慣化されてしまっている人は、とにかく鼻呼吸を意識して呼吸を行うことで改善が見られる事が多いです。

口呼吸はダニやほこりなど有害物質をフィルターなしで身体に取り込むようなものです。鼻呼吸に変えることで、これらの有害物質の侵入を防ぐ事が可能になります。

口呼吸をすると、何十匹ものダニを吸い込むと思えば、自然と鼻で息をしたくなるのではないでしょうか。

ただ、注意が一点あります。あまりに強く意識しすぎて力み過ぎてしまうことは避けましょう。力が入りすぎると、極度の緊張状態が続くことになり、逆に体に良くありません。

リラックスした状態で、適度に鼻に意識を集中して呼吸を行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました