ピスタチオの栄養|ナッツの女王『ピスタチオ』の驚くべき7つの効能

食事療法

① ピスタチオとは

ピスタチオはウルシ科ピスタキア属の落葉樹で、トルコや、カリフォルニアなどの乾燥地にて栽培されていました。

日本には19世紀に伝わりましたが、気候が合わないため栽培はされていません。硬い殻の中の緑色の仁の部分を食べます。

緑色の濃いものが質が良く、湿気を含むと酸化しやすく香りが悪くなるので、保存は缶のような密閉した容器で保存し、冷蔵庫の野菜室で保存することをお勧めします。

購入の際も、缶入りのものや密閉包装のものを選ぶようにしましょう。

ナッツのなかでも、ビタミン、ミネラル等が豊富で栄養価が高く、風味も良いことから、お菓子の材料や、お酒のおつまみとして人気があります。

ピスタチオに含まれる主な有効成分は、カリウム、鉄、銅などのミネラル、ビタミンB1、ビタミンK、β―カロテン不飽和脂肪酸のオレイン酸、必須脂肪酸のリノール酸、ルテイン、ゼアキサンチン、食物繊維です。


【送料無料】ピスタチオ 1kg カリフォルニア産 (世界のナッツ) 最安値に挑戦 激安 お買い得 1/5 10:00まで

② ピスタチオの栄養

100gあたりの栄養価

エネルギー615kcal
水分2.2g
たんぱく質17.4g
脂質56.1g
炭水化物20.9g
灰分3.4g

主な栄養素

  • カリウム
  • ビタミンB1
  • オレイン酸
  • リノール酸
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン
  • βカロテン
  • ビタミンE
タイトルとURLをコピーしました